ヘアに関する質問ヘアに関する質問

いつも美容院でヘアカラーをすると、薬剤を頭皮の近くまで塗られると頭皮にしみてヒリヒリと痛くなります。あまり長い時間、薬剤を塗られたまま放置されるとだんだんとその痛さが苦痛に思えることがあります。薬剤を洗い流してもらうと痛みも少しずつ治ってくるのですが、2~3日はまだヒリヒリとした感じが残ります。ヘアカラーをした日はシャンプーをする時にシャワーをかけても、地肌を触っても痛いです。薬剤が合わないとヘアカラーはやらないほうがよいのでしょうか?ヘアカラーは続けてやりたいと思うのですが、毎回痛い思いをしてやるのはちょっと苦痛だし肌にもよくないのかなと思います。ヘアカラーの薬剤は色々と種類があるのでしょうか?どれを使ってもしみる成分は同じなのでしょうか?もともと、皮膚は強い方ではないのですが、しみないカラーってありますか?

hair :ヘアカラーに関する質問

はい、ございます。

実際しみにくい薬剤とゆうのは、ヘアマニキュアのようなコーティングをするタイプが染みないカラーという答えになるかもしれません。

どうしてもアルカリカラーの方が明るくする力があり、マニキュアだと明るいカラーができなかったりします。

マニキュアでは生え際のギリギリから染めるといった事で少し白髪が浮いてしまいます。

浮いてしまう事が納得できない場合は、アルカリカラーでもしみないように頭皮に付かいようなテクニックもありますので、明るくもしたいけど頭皮がしみるのが嫌だとゆう方は担当者にお伝えいただければ地肌に付かないテクニックでお客様の求めるヘアカラーができると思います。

また、カミオでは「オーガニックカラー」というヘアカラーもありまして、白髪もしっかり染めてくれますが成分の約90%程が自然由来成分で出来ています。そのためか、『染みなかった』という方が多いヘアカラーメニューです。トリートメントしたように手触りも良く仕上がりますのでこちらもオススメですよ。

000579