ヘアに関する質問ヘアに関する質問 ノンシリコンシャンプーに関する質問

シリコン入りのシャンプーやトリートメントは髪に悪いのですか?近頃、薬局などでノンシリコンのシャンプーが大々的に宣伝・展開されているようになりました。1年ほど前はそれほど意識していなかったのですが、今はシャンプー売り場ではノンシリコンが前面におし出されています。もともとは、ノンシリコンのシャンプーがメインだったように記憶していますが、最近では、シャンプーだけでなくコンディショナーもノンシリコンに変えましょう、と書かれたポップなども見かけます。できれば髪や体に少しでも害がないものを使用したいのですが、シリコン入りのシャンプーやトリートメントは髪に悪いのですか?生まれてこのかた二十数年、ノンシリコンのシャンプーなど使ったことがありません。大手メーカーのどこにでも売っている有名なシャンプーを使っていたので、特に何の疑いももっていませんでした。急にノンシリコンが注目されるようになって、正直戸惑っています。私たちはずっと髪によくないものを使っていたのでしょうか?

hair :ノンシリコンシャンプーに関する質問

最近 ノンシリコンという商品が目立ってきましたが、髪や頭皮にとって問題になっているのは「シリコン」ではなく、「コーティング剤」なのです。

コーティング剤が髪や頭皮を包んでしまうから髪や頭皮が呼吸できなくなりトラブルの原因となっているのです。

コーティング剤には天然成分から合成のものまでたくさんの種類があり その中のほんの一つがシリコンなのです。

シリコン入りのシャンプー、トリートメントはツヤ感、サラサラ感があります。逆にダメージヘアーをシリコンでコートすることにより、ダメージを包んで隠してしまってダメージの進行に気付かないことがあります。後、しっかり洗い流さないとコーティング剤が頭皮に残り、フケ、かゆみの原因になる事もあります。

シリコンはキューティクルに吸着しますがダメージ毛はキューティクルが剥がれてるので吸着しにくいのです。

つまり、健康毛に使い続けるとシリコンが蓄積して、内部に栄養が行き届きにくくなったり、パーマがかかりにくくなったりします。

シリコンそれ自体は毒性はないのですが、手触りを良くするだけなのです。

シリコンが入っていなくても なにかしらのコーティング剤がシャンプーやトリートメントには必ずはいっています。その使われているコーティング剤の成分が髪や頭皮にとってどれ程の負担になるかを見極める知識が大切ですね。

000359