カミオラボ
2013/02/11

毛髪の役割のこと

毛髪はなぜ生えるのか?

実は毛髪も意味があって生えているんですね。

こんにちは、カミオラボのヘアスタッフです

きょうは毛髪についてのお話です。
毛髪が何のために存在するか?それは肌とともに体を保護するために存在します。

動物は全身毛に覆われて、保護と体温調整の役目を果たしています。
人間は重要な部分以外の毛は退化し、生命維持と種の保存に関わる部分として、頭毛と性毛が長毛として残りました。
しかし、手のひら、足の裏、唇などを除いた部分には、うぶ毛として残っており、鼻毛、眉毛、まつげなどもそれぞれの役割を持って残っています。

なかでも毛髪は、有害金属の排泄器官としての役目があります。

本来、肝臓や腎臓の仕事ですが、毛髪にも同じような役割があります。

金属成分と毛髪の成分のひとつであるシスチンが結合しやすいので、毛髪内部に取り込んで体外に排出してくれます。

さらに毛髪は、ヘアスタイルなどファッション的な役割を持ちます。
個人を表現するひとつのツールであり、私たち美容師がお客様にご提供できる部分です。
毛髪は目で見ている以外にも重要な役割があり、私たちは日々助けられているのです。

毛髪はひとつの毛穴から約2~3本ずつ生えています。
その密度は普通の人で1c㎡に約150本です。髪が生えている面積は一般的に700c㎡程度なので全体では10万本になります。
欧米人は日本人よりも本数が多く約15万本生えていますヮ(゚д゚)ォ!

日本人の髪の太さは80~100ミクロンぐらいで、欧米人はそれよりも細くなっています。

一本の毛髪は、乾燥状態で約150gの引張強度を持ち、肌との固着力は約50gもあります。人間の毛髪を約10万本として計算すると、引張強力は15t。固着力は5tとなり、毛髪を一度に全部引き抜くためには、相当な力が必要です。

それだけ毛髪には強度があるということです。毛髪は毛穴からは2~3本ずつ生えていますが、細い毛や太い毛が見られます。
これは動物の毛のように、一度に生え変わるのではなく順次毛髪が生え変わっているからです。

これは毛髪が大事な頭部を守る働きを持つためです。

髪はこんな風に生えています↓

髪のはえ方

金沢の美容室*ヘアメイクカミオ*WEBサイト

石川県のカミオグループサイト