カミオラボ
2013/10/28

リンパをセルフケア

こんにちは、シオンエステの西村です。▼ω▼)っ

前回からの続き、さっそくいきます!

リンパを流しましょう!ということで

自分で行う
“簡単 リンパドレナージュ”

「リンパドレナージュ」とは
リンパ液の流れにそって全身をマッサージすること。

リンパの流れを良くし、余分な水分や老廃物の排出を促すものです。
でも全身マッサージを自分でやるのは大変です!

そこで、、、
3点マッサージでリンパの流れを促進!!

簡単に言うと、リンパの流れが滞りやすい部分だけを中心にもみほぐします。

リンパの流れが滞りやすい3か所

↓ ↓ ↓ ↓

・腋の下
・足のつけ根
・膝の裏

 

リンパ液は「リンパ管」を流れ、リンパ管は「リンパ節」とよばれるジョイント部分に集まり心臓へと流れます。
このジョイント部分にあたるのが「腋の下」「足のつけ根」「膝の裏」です。

川をイメージしていただければわかると思いますが、まっすぐの川は流れがスムーズですが、曲がっている川は流れが悪くなります。

足のつけ根や膝の裏はすわり仕事をしているといつも曲げていることになりますので、物理的にもこの部分はリンパの流れが悪くなってしまいます。

ご家庭で、この部分だけをマッサージすればリンパ液の停滞はかなり解消されます!

実際には腋の下、足のつけ根、膝の裏の3点を両手でぐいぐい押して刺激したり手でモミモミするだけでかなり良くなります。

あともうひとつ、リンパに関わる症状
“むくみ”について。

むくみ(浮腫)とは?
血液中の体液が血管外に出て血管外の皮下組織に水分が過剰にたまってしまった状態のことです。

むくみには大きくわけて
「体液循環、排泄機能に問題があるもの」
「病気などが原因のもの」

の2種類があります。

むくみに影響を与えることの多い体液循環は主にリンパの循環ですが、リンパには血液と違って心臓のポンプがなく、自分の力で循環することができません。

リンパは筋肉運動、呼吸などの要因がないと循環しません。

そのため、身体を動かす機会の減少で運動不足や立ちっぱなしの仕事をしている人、また仕事の関係や外出の機会が多く、トイレになかなかいけない人は排泄機能が低下してむくみを起こしやすくなります。

というわけで、次回はその気になるムクミ対策!

まずリンパ節あたりのモミモミから初めてみてくださいo(*´∀`*)9