カミオラボ
2014/05/23

ラボ☆ネイル-人工爪について

こんにちは☆

ラボチームネイル担当の山田です。

今回は20世紀後半から徐徐に普及してきた人工爪について

紹介していきたいと思います♪

 

 

 

〈ネイルチップ〉

山田2まず、ネイルチップ(付け爪)はハリウッドのメイクアップアーティストから女優さんの爪に装着するために誕生しました。

 
最近ではモデルさん、花嫁さん、その日1日だけ手をキレイに見せたい!という方がご利用されています。“オーダーチップ”というものはご自分の爪に合わせたサイズのチップにお好みのデザインをネイリストさんがアートしてくれます。

 
何度でも繰り返し使うことが出来ますのでとても便利なものになっております。

 

〈アクリルスカルプチュア〉

爪の長さや形にコンプレックスがあったりアートを思いっきり楽しみたい方に人気です。

強度が高く水などにも強いものになっています。

施術中のにおいがきつく爪への負担が大きいので注意が必要です。

 

IMG_2569

 

〈ジェルネイル〉

2006年頃から流行しており、ジェルネイル専門店など最近では多くなっています。

除去する際にそのまま削っていくハードジェル、アセトンを浸透させて柔らかくして除去するソフトジェルの2種類があります。

アクリルスカルプチュアと同様長さを出すことが出来ますが、強度は弱めで折れやすいため自然な長さまでの施術しか行っていないサロンがほとんどです。

アクリルスカルプチュアに比べ、つやがあり自然な仕上がりになります。

 

 

最近では○○ジェル…とたくさん名前を聞いて、なにがなんだか分からなくなりますよね。

メーカー毎に違う名前がついている事が多く、○○ジェルはだいたいメーカーの名前になっています。

自分の爪の悩みに合わせ自分に合ったネイルを楽しみましょう(^O^)/☆